スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

まだまだ動作テスト

 2014-10-15

某ゲームを遊んでたおかげで、ちょっとUnityの更新頻度が落ちちゃってましたが再開です。
Playmakerの使い方がまだ慣れてないので、検索してネットの講座とかを参考に
サンプルを作って練習したり、地味ィ~なことしてます。


イベントや変数の使い方とかはなんとなーくわかってきたとこですが、
アクションブラウザの種類がメチャ多いもんですから、まだ覚えるのは時間かかりそうで…
iTweenやAnimatiorとの連携とかもできるらしいですが、そっちはもっと後でやります。



Playmakerの日本語で役にたちそうな講座
PlayMakerで3Dキャラクター操作を作成する -前編-
UnityのPlaymakerとC#による状態変移の制御について - Hack and Play
UnityのPlayMakerを使ってみよう|とあるプログラマーのブログ
Playmakerでゲームデザイン | PM fan
ゲームは初心者にやさしく: Playmaker入門ビデオについて
スポンサーサイト
カテゴリ :playmaker トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ウワサのPlaymaker

 2014-09-24
アセットストアでなんかPlaymakerが安くなってたので、買ってしまいました。
なにげに初有料アセット購入。

Playmakerとは
スクリプトを書かなくてもオブジェクトを制御できたりできる
Unityでは結構有名なアセットらしい。


そりゃ楽できるなら楽をしたい。 スクリプトを一から十まで全部書くのは大変ですし
スクリプト書かなくても作れるならそうしたい。



0122.jpg
まだちょっとしか触ってないけども、日本語表記に対応してるのは嬉しいですネ。
Unityも日本語対応してくれてもいいのよ(チラッチラッ

なかなか便利そうなんですが、一つ難点なのは
Playmakerの日本語の解説サイトって検索してもあまり見かけない…
英文のサイトならたくさんありそうなんだけどね…
Playmakerの日本語解説本とか出てもいいのよ(チラッチラッ



とりあえずコチラの記事は参考になりました。

『Unity仮面が教える! ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術』
Track.1 ファーストコンタクト ~Playmaker編

特に記事の後半のPlaymakerでのスクリプトとの連動の部分は、
いろいろな場面で使えそう。

PlayMakerFSM playMakerFsm = GetComponent();
playMakerFsm.Fsm.Event("set_event"); // set_eventはイベントトリガー


0123.jpg
イベントトリガーは状態遷移の上で右クリック→遷移を追加→カスタムイベントを追加→設定


0124.jpg
メニューからイベントでイベントトリガーを設定、必要なら名前変更も。

これで上のスクリプトを書くと、トリガーを呼び出せるっぽい。
カテゴリ :playmaker トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。