スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アキバ風Unityマップ素材

 2014-08-27
ゲーム情報サイトの4gamer.netを見てたらUnityの記事が…
地図で有名なゼンリンが、Unity用の都市モデル素材を出したとかいう記事です。
ゼンリンって3Dもやってたとは知らなかった。

4gamer.net記事
http://www.4gamer.net/games/210/G021014/20140827040/


そのゼンリンがアセットストアにAKIBA、もとい秋葉原を再現した3Dマップを出したとのこと!
これは面白そう!ってことでさっそくインポートしてきました。



おー 本格的~♪
Unityにインポートしたあと、Sceneフォルダにあるシーンを選ぶとサンプルデータが開きます。
サンプルデータでは、女の子を動かして秋葉のマップを飛び回ったりできます。
浮遊感があって、なかなか楽しい!


akiba5.jpg
車に乗って観光っぽいこともできます。
他にオプションで天候を変えたり、マップの昼夜を変えたり、いろいろあって本格的なマップデータです。

リアルのアキバに行ったことはないんで再現度はわかりませんが、
Unityで日本都市のフリー素材ってのは珍しいんで、アキバ系ゲームとか作るなら重宝しそうですね。
…なんかそんな感じのゲームがPSPで出てたような。

【追記】
このデータを最初インポートした時に、一部のテクスチャがピンク色になる現象が発生しました。
akiba1.jpg

検索したところ、シェーダー系でエラーが出るとこうなるみたいです。


akiba4.jpg

上のメニューからEDIT > Project Settings > Player 押して
インスペクターにあるOther SettingsのUse Direct3D 11のチェックを外してから、
Shadersフォルダを右クリックしてReimportを選んで、シェーダーを再読込します。

akiba2.jpg

テクスチャが正常に表示されました!
スポンサーサイト
カテゴリ :Unity用メモ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Mecanimは難しい

 2014-08-25
以前に書いたMecanimの使い方を習う記事
「第 1 回・Unity / Mecanimでユニティちゃんを歩かせる」
http://www.gaprot.jp/pickup/unity-mecanim/vol1/

前にやってみたときは、キャラが歩行してくれなくて失敗したんですが、
C#を勉強して、少しはスクリプトの知識も身についた今ならやれるハズ!
ということで再チャレンジしてみました。


クリップボード0162
で、やってみたらキチンと↑キーを押すと歩行ができるようになりました。
以前やったときに、うまくいかなかった理由もわかりました。

クリップボード0163
ここの赤線部分が間違ってたんで、スクリプトが作動しなかったんですね!
この部分とスクリプトの名前は一緒にしないとダメ!
こんな簡単なことも以前はわからなかったのです…


で、第一回の講座をクリアーしたんで、次の講座もチャレンジしてみることに!

「第 2回・Unity / Mecanim でユニティちゃんを走らせる 」
http://www.gaprot.jp/pickup/unity-mecanim/vol2/

今度はMecanimのアニメーションブレンドという機能を使うようです。
複数のアニメをなめらかに切り替えれる機能っぽい?
Unityにはこんな機能もあるんですなー 踊りモーションとか作るときに役立ちそう。



クリップボード0165

で、講座の書いてある通りにやってみたんですが、なぜかうまくいかない!
キャラのモーションが『歩き→走る』に切り替わるはずなのに、なぜか地面に埋まってしまう…
変数もスクリプトもAnimatorも講座の通りにやってるはずなのに、なぜ!?

Mecanimを使いこなすにはまだまだ時間がかかりそうです…
カテゴリ :Unity日誌 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

続・C#のお勉強

 2014-08-23
クリップボード0146
前回書いていた『見てわかるUnity4 C#超入門』を読み終えました。
載っていたサンプルゲームもためしに作ってました。
C#のUnityの活用の仕方とか、メカニムやGUIの作り方の説明もあったのは助かりました。
とはいえ、何回か読み直さないとたぶん全部覚えきれないので、
当分、この本を片手にテストプレイする日々になるでしょう…

Unityで使うスクリプトエディターですが、
結局、Microsoft Visual Studioから痛MonoDevelopに戻しました。
Visual Studioのほうが使いやすいんですが、Unityのデバッグ機能とかが使える
『Visual Studio Tools for Unity』は有料版のVisual Studioじゃないと使えないらしいです。
無料版でも使えたらすっごく助かるのに…!

で、仕方ないので結局、MonoDevelopでスクリプトを書くことにしました。
文字変換のリストがたまにおかしくなるのだけなんとかしてくれれば使いやすくなるんだけどなぁ…
カテゴリ :プログラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

お盆もUnity

 2014-08-16
現在、Unityでプログラミングができるようになるために、C#の勉強中!
それで、C#習得のためにこの本を買いました!

見てわかるUnity4 C#超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)見てわかるUnity4 C#超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)
(2014/02)
掌田 津耶乃

商品詳細を見る


C#の勉強だけなら、ネットで探せばいくらでも情報はあるでしょうが、
自分的には本で見ながらやったほうが集中できるのと、
C#はC#でも、Unityで使う部分だけ覚えれればそれでいいので、こちらの本を選びました。

以前買った参考書「見てわかるUnityゲーム制作超入門」では
Unityの基本操作やJavaScriptでのプログラミングのやり方が載ってましたが、
こっちの本は、ほぼC#の説明のみです。
C#って難しい言語だと思ってましたが、プログラムの基本的なとこから解説が入っているので、
自分のようなプログラミング初級者でもわかりやすいです。

C#でUnityのオブジェクトを動かしたり、回転させたり、拡大させたりする方法や、
キーボードやマウスに対応させるやり方など、ゲームを作るために知りたかったことが
色々と書かれてて、これは使えそうです。
他に、物理演算の制御の仕方やカメラの動かし方なども載ってましたが、こちらは難度が高そう…

とりあえず、この本があれば簡単なミニゲームくらいなら作れそうな気がしてきました。
Unityをやるうえで、当分は手放せない本になりそうです。
カテゴリ :プログラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【Unity】 Mecanimのお勉強

 2014-08-12
今回はこちらのサイトの講座をやってみました。
「第 1 回・Unity / Mecanimでユニティちゃんを歩かせる」
http://www.gaprot.jp/pickup/unity-mecanim/vol1/

UnityにはMecanim(メカニム)っていう機能が搭載されてて、
それを使うと、アニメーションを作ったりする場合に便利らしい。


こんな感じの図。
これでキャラの動きを1個ずつ設定し、線で繋げてアニメーションの切り替えが
できるようになるらしい。

ss5_1.jpg
上の講座を見て、やってみたんですが…
↑キーを押すとユニティちゃんが歩いてくれるはずなのに、なぜかまったく反応しない!
スクリプトもアニメーションもちゃんと書かれてる通りに設定したのに…なぜ!?

何回かやり直してみたけれど、やっぱり歩いてくれない。
まさかこんな初歩の初歩でつまづくとは…
たぶんスクリプトのどこかが間違ってるせいだとは思うんだけども、
今の自分の知識では、どこを直せばいいのかってのがわからないのが悲しいところ。
Mecanimを使いこなすには、もうちょっとレベルアップしてからでないとダメそう。
カテゴリ :Unity日誌 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

C# 始めました

 2014-08-10
Unityのスクリプトを作るにあたって、JavaScriptとC#、どっちでやるかって話。

結論から言うとC#を選びました。
最初は難易度の低いJavaScriptでやろうと思ってたんですが、
UnityのJavaScriptは普通のとはだいぶ違うらしく、それを調べるのが面倒ってことと、
標準搭載されてるスクリプトエディターのMonoDevelopが使いにくくてどうにも合わなかったのです。

で、C#用のスクリプトエディターのMicrosoft Visual Studioも試しに使ってみたところ、
こっちのほうが個人的には使いやすかった。
じゃあC#を覚えようか! っていう単純な理由で決めました。
それにC#を覚えれば後々役に立ちそうですし。

…とは言え、以前ツクールをやってた時にRubyを覚えようとして、途中で挫折した経験があり…
C#なんて無謀かもしれませんが…

まぁ、決めた以上は進むのみ!ってことで
先日C#の初級者用の本を買ってきて勉強を始めました。
さっさと覚えて制作にとりかかりたいもんですが、そう簡単にはいかないんだろうなぁ
カテゴリ :プログラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Unity 初めてのゲーム公開

 2014-08-06

記事4回目。

今回はUnity公式サイトにある、ブロック崩しゲームのチュートリアルを試しに作ってました!
ボールだけでなく、動かすバーも物理演算で設定するってのが面白い。
サンプルの丸写しだけじゃ芸がないので、スコアとタイトル画面も追加。
下に落ちた時にゲームオーバーになる仕様も入れてみました!

へぼへぼなゲームですが、せっかく作ったので
初めてのビルドを試して、公開してみるテスト!
↓をクリックすると遊べます。(Unityプレイヤーが必要です)

ブロック崩しで遊ぶ
マウスで開始、←→キーでバーの左右移動

全部ブロックを取っても何も起こらない残念なゲームですが…。
一応、参考書に書いてあったスクリプトを入れてみたんだけど、どうしてもうまくいかなかった。
たぶんスクリプトのどこかが間違ってる?

こんなシンプルなゲームでも、作るのには結構苦戦してました。
慣れてる人ならパパッと作れちゃうんだろうなぁ、このくらいのゲームは。
まだまだUnityを使いこなすには時間がかかりそう…
カテゴリ :Unity自作ゲーム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

Unity 最初の一冊読破、しかし…

 2014-08-03

最初の参考書、『見てわかるUnityゲーム制作超入門』を読み終えました。
おかげでUnityの基本的なことがやっとわかりました。
読む前まではインスペクターって何?アセットって何それ?おいしいの?って感じでしたが、
今はゲームを作る流れみたいなのは掴めました。

しかし、後半のスクリプト関係になると話は別!
書いてあるスクリプトを写して作ってはみたものの、命令の一つ一つの意味がわかってないので、
理解ができてないって状態です。
やっぱりスクリプトをちゃんと覚えないとダメなようです。

Unityで使える言語はC#とJavascriptのようですが(Booは論外)
難易度でいうとJavascriptのほうが、易しいらしいですが、
UnityのJavascriptは通称UnityScriptと言われるくらいの別モノとか。
Javascriptで勉強しても使えないんじゃ意味がない。
UnityScriptの解説書を探しても見つからない。
となると、結局はC#を勉強するしかないんでしょうか。
カテゴリ :Unity日誌 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。