スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Unity で MMD

 2014-09-02
今回は、UnityにMMD(MikuMikuDance)のモデルデータを持ってくるテストをやってみます。
調べたところ、MMD4Mecanimという神ツールを使えば可能らしいです。

こちらのサイトの説明を参考に
http://qiita.com/SatoruNoda/items/e44762ab9f97de756c66


まずは『MMD4Mecanim』をダウンロードして、Unityにインポート、
次にMMDのモデル(PMX)を用意してフォルダごとUnityにドラッグ&ドロップ。
今回使用するのは『Tda式初音ミク・アペンドVer1.00』です。

モデルの入ったPMX用ファイル内の.MMD4MecanimをクリックしてFBX化を行います。


さて、結果は?



前回と同じ! なぜかピンク色に!?
…検索して調べてみたところ、Unityのバージョンによって、このようなバグ?が起きるみたいです。
Ver.4.5.2以上で発生するらしく、自分の使ってたのを見てみたらちょうど4.5.2でした…
これではどうしようもないので、4.5.1のUnityをインストールしなおしました。 すると…

ssmmd2.jpg
おおっ! ちゃんと表示されました!

ssmmd3.jpg
MMDのダンスモーションも、MMD4Mecanimでモデルを変換するときに一緒に変換できるので
Unityで躍らせることもできます!
いや~これはスゴイ… ボーンとかモーションの変換とか手間かかるだろうなと思ってたのに、
まさかこんな簡単にできるとは思わなかった。


ssmmd4.jpg
せっかくなんでユニティちゃんと共演させてみる。
しかし、ユニティちゃんに合わせてDirectional Lightをあてるとアペミクさんが真っ白に…
そこで、こちらのサイトの記事を参考に、モデルごとに別々のDirectional Lightを割り当ててみます。

ssmmd6.jpg

いい感じに表示ができるようになりました!

ちなみに、表情替えはこちらの記事を参考にアニメーションレイヤーとボディマスクで替えてます。
他のやり方では、テストプレイ中にモーフをいじって表情を替えることもできるけど、
テストプレイを閉じるとモーフが元に戻っちゃうっぽい?


MMDからモデルやらモーションやらを持ってこれるのは夢が広がりますなぁ~
とはいえ、MMD素材は規約がいろいろ厳しいのでアセット素材みたいに気軽にゲームで使って
配布したりってのは出来ないけども。
個人的に楽しんだりするぐらいかな?
MMDで自分でモーション作ってUnityで使うってことは出来るかも。これが出来たら捗りそう。
スポンサーサイト
カテゴリ :Unity用メモ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。