スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

BlenderでUnityちゃんのモーションを作るテスト

 2014-10-20
Blender2.72からFBXのボーンを取り込めるようになりました。
これでUnityのアニメーションを作るのが楽になったらしいので、試してみました。
まずはBlender公式サイトから最新版のBlenderをダウンロード。
起動してUIの表示を日本語化しておきます。


次に、こちらの記事を参考にUnityちゃんモデルをBlenderに取り込みます。
blender2.72でUnityちゃんをインポート|とあるプログラマーのブログ

無事、Blenderにユニティちゃんを取り込むことができました。
ボーンも一緒にインポートされているようです。
ここまで出来たらまず保存をしておきます。
保存が終わったら、ここからアニメーションを作っていきます。


ボーンを表示させるとモデルに隠れてしまっているので、
まずはボーンを手前に表示させます。
BLe2.jpg

表示のレントゲンのチェックをONにします
BLe3.jpg

ボーンが手前に表示されるようになりました
BLe4.jpg

アニメーションを作る準備をします
BLe16.jpg

準備ができたらポーズモードにして、ポーズを作っていきます。
今回は簡単にできる『バンザイ』するモーションを作っていきます。

まずはオートIKをONにしておきます。
BLe5.jpg


肩のボーンの○を選択し回転させて腕を上に上げます。
BLe6.jpg

もう片方の肩も回転させてバンザイさせます
BLe7.jpg

できたポーズをキーフレームに登録します。
キーフレーム:挿入をクリック
BLe9.jpg

キャラクター全体をクリック
BLe10.jpg

キーフレームに登録されました。
念のため、再生してみてちゃんと動くかチェックするのをおすすめします
BLe8.jpg

できたモーションをFBXファイルで保存します。
エクスポート→Autodesk.FBX(.fbx)
BLe11.jpg

保存画面で左メニューの
アーマチュアとメッシュにチェックを入れてから、名前をつけてFBXを保存
BLe12.jpg


これでFBXがとりあえずできました!


次はこのFBXをUnityにドラッグ&ドロップしてインポートします。
その後、RigからAnimation TypeをhumanoidにしてApply。
(※こうしないとモデルが正常にアニメーションしてくれない)
BLe14.jpg

アニメーションをループ(繰り返し再生)させたいので、
Rigの隣のAnimationsを選んで、Loop Timeにチェック
ループするとモデルが浮遊するのをふせぐため、Bake Info Poseにもチェック
BLe15.jpg

あとは、モデルにアニメーションを設定します。
AnimatorでMecanimを使ってモーションを設定しました。
BLe17.jpg
BLe18.jpg


これで準備は完了です!
テストプレイしてみると、ちゃんとモーションがUnityで再生されました!
GFBLe1.gif


Blenderの操作はまだ慣れてないので、
間違ってるところや、もっと簡単にできる方法があるかもしれませんが…
とりあえず、今回はこんな方法で出来たということで終わりにします。
スポンサーサイト
カテゴリ :Unity用メモ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

まだまだ動作テスト

 2014-10-15

某ゲームを遊んでたおかげで、ちょっとUnityの更新頻度が落ちちゃってましたが再開です。
Playmakerの使い方がまだ慣れてないので、検索してネットの講座とかを参考に
サンプルを作って練習したり、地味ィ~なことしてます。


イベントや変数の使い方とかはなんとなーくわかってきたとこですが、
アクションブラウザの種類がメチャ多いもんですから、まだ覚えるのは時間かかりそうで…
iTweenやAnimatiorとの連携とかもできるらしいですが、そっちはもっと後でやります。



Playmakerの日本語で役にたちそうな講座
PlayMakerで3Dキャラクター操作を作成する -前編-
UnityのPlaymakerとC#による状態変移の制御について - Hack and Play
UnityのPlayMakerを使ってみよう|とあるプログラマーのブログ
Playmakerでゲームデザイン | PM fan
ゲームは初心者にやさしく: Playmaker入門ビデオについて
カテゴリ :playmaker トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

シューティング作成練習

 2014-10-04

スクリプトの練習のために、Unity公式サイトにあるチュートリアル『2Dシューティング』をしてました。
Unityで2Dのゲームを作る方法とか、今までほとんど知らなかったので目から鱗でした。

特に、スプライトをアニメーションさせる方法とか、編隊をプレハブにひとまとめにして出現させるとか、
色を点滅させるのにAnimatorとAnimationを使うとか、役に立ちそうな情報がたくさんありましたね。

ひととおりやってみて、2Dシューティングとか作ってみるのも面白そうだなーと。
プログラム初心者はシューティングを作ってみるのが良いとかなんとか、どっかで見たことがありますし。
とはいえ、弾幕とかの計算とか作るのはややこしそう…
ガチでやるならシューティング用の教本とか買ってきて勉強しないとダメでしょうかね。
カテゴリ :Unity日誌 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。