Visual Studio Community 2013を導入

 2015-02-01
univs1.jpg
これでUnityのスクリプトも作りやすくなるやも。
Visual Studio Community 2013をやっと導入しました!
このツールは昨年の11月に発表されたんで今頃?って感じですが
こんなん出てるの今まで知らなかったんです…

このVisual Studio Community 2013は、条件を満たせば
無料でPro版並の機能が使えるんだそうで、個人開発者なら無料で使えるのはありがたいです。
今まで有料版でしか使えなかった、Visual Studio Tools for Unityも使えるようになって
Unityと連携できるようになったのは本当にうれしい。
これで使いにくかったMonodevelopともオサラバさ

導入の仕方は他サイトで詳しく書かれていますのでそちらを参照してください


Visual Studio Tools for Unity のつかいかた。
Unity開発者のためのVisual Studio Community 2013
Visual Studio の全機能を無料で使える Visual Studio Community 2013 を早速インストールしてみた
[Unity3D] Visual Studio Community 2013を日本語化してUnityアプリを作る


PCで使ってるOSはWin7ですが、SP1(Service Pack1)を導入している状態で
Visual Studio Community 2013は問題なくインストールでき、日本語化もできました。

さらにVisual Studio Tools for UnityをインストールしたらUnityを起動
univs2.gif
Assets →Import Package → Visual Studio 2013 Tools
univs3.gif
Visual Studio 2013 Toolsをインポート。

univs4.gif
上部のメニューに新たに「Visual Studio Tools」が出るようになりました。
「Open in Visual Studio」を選ぶか、スクリプトファイルをダブルクリックするとVisual Studioが開きます。

メニューに出てこない場合は、Unityを再起動すると出るようになりました。
あと、インポートして、プロジェクトにEditorフォルダが複数ある状態でVisual Studioを起動すると
「ファイルが見つからないため読み込まれません」
というエラーが出ることがあったのですが、
この場合、どちらかのEditorフォルダに中身を1つにまとめた後、UnityVSフォルダを削除。
これでエラーが出ることはなくなりました。
 
Visual Studio Communityは日本語が普通に使えるってことがうれしい…
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://unimake2.blog.fc2.com/tb.php/29-2f6c108e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫